RSS | ATOM | SEARCH
日焼けの話し

こんにちは齊藤です

 

GWが終わって

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

連休だった方

 

どちらかお出かけにはなりましたか?

 

僕はといえば

 

近くの土手に走りに行ったくらいで

 

特に遠出はしなかったのですが

 

気がつけば

 

こんなことになっていました

 

 

わかりますでしょうか?

 

時計を外しても

 

外していないかのような

 

日焼けが・・・

 

もともと肌の色が白いと

 

自覚している僕ですが

 

こうも色が違うくなるものかと

 

驚いています

 

そんなこんなで


今日は日焼けのお話

 

2011年にこの「キタカブ」で

 

こんな記事を書いていました

 



日焼けは

紫外線の過剰照射により、

 

メラニンの保護能力を越えた時に起こる

とされていています。

紫外線はUVA(長波長紫外線)、

UVB(中波長紫外線)、

UVC(短波長紫外線)に分けられ

UVCはオゾン層を透過する間に

 

ほとんど取り除かれますが、

UVAとUVBは15分未満で

 

日焼けが生じる程度残っているそうです

日焼け症状は、

紫外線にあたった直後には発症せず

2〜6時間後に皮が赤くなり

 

痛みは6〜48時間の後に

最もひどくなるサンバーン(UVBによる)と

24〜72時間の間、色素沈着が進行する

 

サンタン(UVAによる)という現象があります

気になる、しみ、シワなどの原因は

紫外線UVAがメラノサイトに働きかけ

 

メラニン色素の生成を促す

事により起きるんです

一方、紫外線UVBは表皮を透過し

 

真皮乳頭体まで達した結果

乳頭体内の毛細血管が

 

炎症反応として充血を起こし

紫外線量がメラニン色素の

 

防御反応を超えていると

細胞組織が傷を受け

 

発熱や水泡、痛みを出します


真夏の暑い日

紫外線が強い日は

日焼け止め必須ですね。


一度は小麦色に焼けた肌に

なってみたいという僕と同じ考えの方は

最初は日焼け止めをムラなく肌に塗付し、

サンバーン(炎症)を起こす

 

UVBをカットしながら段階的に以下の事を

注意しながら焼きましょう

 

その1

午前10時から午後2時までの

太陽光線の強い時間帯を避ける

 

その2

日光浴の時間は一日当たり

合計で3時間を超えない

 

その3

日焼け直後は肌が乾燥した状態なので

化粧水や乳液などで保湿を行う

 

その4

赤みを感じる時は冷やしタオルなどで

ほてりを抑え、消炎ローションを塗る

 

以上の点に注意して

 

この夏、カッコイイ小麦色の肌を!

 

とまとめていました

 

あれから・・・

 

かっこいい小麦色の肌

 

手に入れられていないなぁ

 

ひどい時計の日焼け跡は

 

手に入れましたけどね

 

 

 

 

 

北千住駅徒歩3分の整体・

カイロプラクティック
 

北千住カイロプラクティック院
http://kitasenjyu-chiro.net/

ご予約はこちらから
ホットペッパービューティー

フェイスブック
北千住カイロプラクティック院

author:chirolife, category:-, 11:30
-, -, - -